講演会講師派遣のご提案

日本における従来の「健康増進」の発想は、「病気にならないために、食事改善や運動、禁煙、節酒等を推進していこう」という極めて後ろ向きなアプローチばかりでした。
時代は変わり、「疾病予防のための健康」ではなく、「自分らしくいるための健康」といった前向きな新しい健康観が必要になっています。従業員様一人ひとりが、身体的にも精神的にも健康で、かついつも自分らしくいることは、確実に企業の生産性も高めていきます。

講演会講師派遣のご提案

講演会講師派遣のご提案拡大表示

講演会講師派遣のご提案 拡大表示

講演会講師派遣のご提案拡大表示

従業員の方のために

目標設定、問題解決、意思決定、対人関係、コミュニケーション、ストレスマネジメントなど、社会人として必要なスキルは数多く存在します。
それらをテーマに掲げ、スポーツ界のトップクラスで活躍することでそれらを極めてきた元アスリートの講師をご用意し、講演を開催いたします。講師がスポーツを通じて学んできたことや、参加者の体験型プログラムによって、それらを高めていくことができます。

コミュニケーション

管理職の方のために

会社や社内の部署など、強いチームづくりには、リーダーシップとコーチングが必要不可欠です。
部下のやる気”や“主体性”を引き出し、個の成長を支援するとともに、チームとして同じ目的を持ち、個人間の関係性を育成する。スポーツ界でコーチングのプロフェッショナルとして長く活躍してきた講師から、スポーツや体験活動を通じた、チームビルディングを経験していただき、リーダーとして、コーチとして必要な能力を高めて頂く事が出来ます。

リーダーシップ

講演テーマ例

永田克彦

『世界と戦う強さの秘訣 〜挑戦し続けるその原動力〜』  

「オリンピック」「人材教育・育成」「挑戦」「文武両道」「セカンドキャリア」など幅広いテーマを持つ。競技を通して学んだ「困難があってもくじけず乗り越える強さ」「“挑戦し続ける”その強さの秘訣」や、競技を引退してからの活動から「セカンドキャリア『格闘技ジム』立ち上げで学んだコミュニケーション術」などの話題をお伝えする。

従業員の方向けの新しい健康づくりのかたち

日頃、体力づくりのための運動を行うことは、「精神的な安定」「ストレス耐性」「集中力」を養い、仕事の質や量といった生産性向上に好循環をもたらしています。しかし、“健康”のための“運動”となると、「仕事が忙しい」、「運動は好きではない」、「疲れてできない」などの理由で、 “始められない”、“続かない”人が大多数を占めているのが現状です。そこで、運動を始めるためのひとつのきっかけづくりとして、「オフィスフィットネス」をおすすめしています。 「オフィスフィットネス」で、自分や仕事のための健康づくり運動を“はじめる仕組み”・“続ける仕組み”をつくり、結果として組織の生産性向上を支援致します。

オフィスフィットネス

講演テーマ例

市来崎大祐

『世界で戦う身体づくり 〜身体から心までのつくり方〜』  

「武術太極拳」「健康、フィットネス」などをテーマに、武術家として世界で戦ってきた経験を通して学んだコミュニケーションの大切さ、マイナースポーツで培ったハングリー精神、そして武術を通して自分ができることをお伝えする。
太極拳を活用した、身体の奥から改善できる健康のためのテクニックを、実技を交えて実施することも可能。

講師プロフィール・講演内容

永田克彦

小学5年の時、テレビでロス五輪を見て衝撃を受け、レスリングを志すが、近くにクラブがないため中学まで野球を続ける。高校入学後にレスリングを始めるも、全国大会への出場は叶わず。高校時代は全くの無名選手であったが、より強くなりたいとの思いで当時大学ナンバーワンであった日本体育大学に進学。その後持ち前の『努力』を発揮し、大学3年生の時に、全日本学生選手権優勝、学生日本一となる。 卒業後もレスリングを続けるために警視庁に就職。24歳の時に全日本選手権初優勝(以後6連覇)2000年夢であったシドニー五輪に出場を果たし、銀メダルを獲得する。 より活動の幅を広げていきたいとの意向で、警視庁を退職、新日本プロレスに入社。2004年、2大会連続となるアテネ五輪に出場するも階級アップ(74kg級)の影響もあり、予選リーグで敗退。 プロ総合格闘家へ転向。大晦日K-1ダイナマイトでデビュー戦を見事勝利。2010年には新日本プロレスを退社し、調布市仙川に格闘スポーツジム・レッスルウィンをオープン。経営者および、指導者しての活動を始め、2014年にキッズレスリングで、念願であった初の全国大会優勝者を輩出。現在は、3人の子供の子育てにも奮闘中。 先日、2015年4月に創部される、日本ウェルネススポーツ大学 レスリング部の初代監督に就任し、今後2020年のオリンピックに向け選手の発掘、育成にも本格的に取り組んでいく。

永田克彦 (ながたかつひこ)

講演内容

「“挑戦し続ける”その強さ、そのポジティブマインドを持ち続ける秘訣」 「レスリング、格闘技を通じて学んだ「困難があってもくじけず乗り越える強さ」」 「セカンドキャリア『格闘技ジム』立ち上げで学んだコミュニケーション術」といったテーマでのセミナーを開催。その他、レスリング教室など。
【講演条件】 

講演料:20万円〜(要相談、ご予算に応じて) 交通費2名分(1人でも可) 東京起点
スケジュール:要相談

市来崎大祐

アクションスターのジェット・リーやジャッキーチェンに憧れ、6歳より武術を始める。14歳でジュニア代表、17歳のとき全日本選手権で優勝しフル代表に選出される。競技力向上を目指し、大阪体育大学に進学。以後、プロがひしめく中、アマチュアでありながら国際大会で数多くのメダルを獲得。2010年の第16回アジア大会では、日本人メダル獲得第一号となる銀メダルに輝く。名実ともに日本武術太極拳界のエースに成長する。
体育教諭の免許を持ち、教師を目指していたが、「自分の限界への挑戦。そして、もっと武術の素晴らしさを広めたい」という思いから、プロへの道を切り拓く。学生時代から普及活動の為、自ら進んで学校やイベントで演武活動を行い、自身でも武術イベントを主催する。
得意とする長拳は、ダイナミックかつ、華やかさがあり、惹きつけるものがあり、世界でも高く評価されている。
現在は、千葉・習志野と東京・銀座で、一般向けの太極拳指導を行っている。

市来崎大祐 (いちきざきだいすけ)

講演内容

「武術太極拳」「健康、フィットネス」などをテーマに、武術家として世界で戦ってきた経験を通して学んだコミュニケーションの大切さ、マイナースポーツで培ったハングリー精神、そして武術を通して自分ができることをお伝えする。
その他、太極拳教室など。
【講演条件】 

講演料:20万+消費税(要相談、ご予算に応じて) 交通費1名 東京起点
スケジュール:要相談(土、日 可)

PageTop