弘田雄士|株式会社スポーツカンパニー立花龍司、清水直行

  • HOME
  • お問合せ
マネジメント事業
弘田雄士
プロフィール
弘田1 弘田雄士
コンディショニングコーチ

1976年4月5日/東京都出身
身長163cm/体重68kg
出身校

・日大鶴が丘高校
・日本大学
・米オハイオ州立トレド大学
2014年よりラグビートップリーグチーム、近鉄ライナーズに所属。現在同チーム、ヘッドコンディショニングコーチとして、フィジカル強化及びコンディショニング教育を管轄する。
著名なプロ野球選手の息子として生まれ、幼少期より野球に没頭。しかし極度の重圧から技術停滞。大きな挫折の中、高校卒業後アスリートとしての野球を断念する事に。自分のような状況に苦しむアスリートを助ける専門家になりたい、とプロトレーナーの道を目指し単身渡米。オハイオ州立トレド大学にて運動科学を専攻し、米国MLB傘下3Aチームにて野球におけるレーニング・コンディショニングの経験を積む。2003年より千葉ロッテマリーンズのコンディショニング・コーディネーター就任。ボビーバレンタイン監督から絶大の信頼を得て、2005年同球団31年振りの日本一に貢献。薮田投手など個人トレーニング全般を指導した。2009年同球団を退団。2014年には、当時より親交のあった渡辺俊介投手のMLB挑戦をサポートするため、パーソナルトレーナーとして米国にも同行。
現在ラグビー業務の傍ら、社会人野球選手、大学野球チームの指導も行い、あと一歩のところできっかけをつかめずに苦しんでいる、アスリート達の“化学反応”を起こすプロフェッショナルとして、国内を飛び回っている。
2010年より整骨院併設のスポーツジム、『タチリュウコンディショニングジム』のコンテンツ統括ディレクターにも就任。延べ50名を超えるトレーナー、治療家のスタッフ教育を行う。多くのプロアスリートとの現場経験を通し、“実力があり、且つしっかりと食べていける本物のトレーナー”を一人でも多く輩出していく重要性を痛感。研鑽を続けつつ、後進指導にも力を入れている。


公式ブログ

                    弘田雄士オフィシャルブログ『夢は正夢』

近鉄

                      近鉄ライナーズ・オフィシャルサイト
弘田雄士
弘田雄士
弘田雄士
弘田雄士からのメッセージ
プロが実践するコンディショニングの価値を、あらゆる人に伝えたい。
2015年のワールドカップにて、急速に注目を集めて始めているラグビー。トップリーグの1チームのヘッドコンディショニングコーチとして、現場に携わりながら痛感するのは、体を鍛える・強くするトレーニングは勿論の事、“コンディショニング”というものが、日本のスポーツ界ではまだ認知不足という事です。戦術や技術だけを追い求めがちな現状のアプローチでは頭打ちになる可能性は高く、トレーニングやコンディショニングの大いなる可能性は、エディジョーンズ氏率いるラグビー日本代表が逆に証明してくれました。望むパフォーマンスや結果を手に入れるためには、強化と休息のバランス、栄養、機能的な体の使い方の大切さなどを、指導者やコーチ、選手に理解してもらわなくてはなりません。さらにそれを為すためには、アスリートが安心して信頼関係を築けるような、いまよりも多くの“本物の指導者やトレーナー”がスポーツ界に輩出される必要があるでしょう。私自身、研鑽を続け高い質と人間味のある専門家を目指していきますが、自分の経験や知恵を、少しでも多くの指導者や若い世代のトレーナーに伝えていきたいと思っています。
そして本格的な超高齢社会に向かっている日本において、最も遅れている分野の一つも“コンディショニング”です。運動習慣を含め正しい生活習慣を習得すること。これは対費用効果が最も高く、健康に年を重ねていく事を可能にしてくれます。プロアスリートが実践しているコンディショニングの価値。これをあらゆる人にお伝えしたいです。
講演会の様子

講演会様子

講演会動画
準備中

商品概略
健康、高齢、福祉 学校教育・子育て コーチング コンディショニング・トレーニングセミナー

スポーツカンパニー

健康、高齢、福祉
(ターゲット:高齢者、30代後半〜、地域講座)
1.健康づくり(介護分野も含む)

「いつまでも元気に歩こう」〜ロコモティブシンドローム対策、改善の体づくり〜
高齢化社会がますます進んでいる中で最近話題になっている『ロコモティブシンドローム』誰でも「いつまでも健康でいたい、いつまでも元気に歩きたい」と思う気持ちはあってもなかなか対策はできていないのが現状。これから先も元気に歩き続けられるように、簡単なエクササイズの紹介も含めお話する。

実績
・ライオンズクラブ健康セミナー
・千葉県認定スポーツ研修会
・地域総合型スポーツクラブ「八千代ボンズクラブセミナー」
・治療院での高齢者向けエクササイズセミナー多数
・スポーツトレーナー専門学校セミナー多数
健康
2.健康づくり

「体を動かすことで心身共に健康に」〜簡単エクササイズ〜
デスクワークなどでの肩こり、立ち仕事での腰痛、階段の上り下りの辛い膝の痛みなど体の悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。日常生活の中で少し工夫してエクササイズをすることで、体の悩みを改善。運動をすることで、いつまでも心身共に健康になりましょう。誰でも少しの工夫でいつでもどこでもできるエクササイズを紹介します。

実績
・墨田区総合体育館セミナー
・ダイレク関西共栄会講演会
・各種企業関係セミナー

スポーツカンパニー

学校教育・子育て
1.子供の健康、運動神経開発

「運動神経開発、ゴールデンエイジトレーニング」
〜運動神経は10歳で決まる〜

今現在の日本の子供達は、15年前に比べて、体の平均値は高くなって(体が大きくなって)いますが、体力測定の結果は低くなっています。
もちろん健康には、よくないですが、運動神経の退化も気になるところです。
又、あまり知られていないのですが、小・中学生ぐらいまでが、一番「運動神経」の発達する時期なのです。
日本の子供の現状を踏まえて、運動不足解消と運動神経開発、それこそがゴールデンエイジトレーニングなのである。

実績
・タチリュウコンディショニングジム、ゴールデンエイジセミナー
・ボーイズリーグ関係セミナー多数
教育

スポーツカンパニー

コーチング
(ターゲット:少年野球指導者向け)
「ジュニアに対するベースボールコーチングバイブル」

コンディショニングコーチとして動作改善に携わってきた豊富な経験を基にした、野球技術向上の為の練習法、改善法を紹介する。
また、技術面だけでなく目標達成やメンタル面の向上を目指し、子供を勇気づけ、やる気を引き出し、自発的な行動を促すコミュニケーションスキルを身につける。
コーチング

スポーツカンパニー

コンディショニング・トレーニングセミナー
(ターゲット:コンディショニングコーチ、トレーナーを目指す学生)


@立位姿勢から始めるコンディショニング改善エクササイズ
A野球で使えるコンディショニングチェック
B現場で使えるウォーミングアップ、クーリングダウン
Cスポーツの現場で必要なコンディショニングの知識とそのテクニック
D腰痛、予防のための立位を中心とした評価法とアプローチ
Eプロ野球コンディショニングの取組、現場で学んだこと
F『健康づくり・高齢者指導に生かそうアスリート向けコンディショニング』
コンディショニング・トレーニングセミナー
弘田雄士おすすめシリーズ
準備中
書籍実績
お問合せ